« Q. 17時以降の業務は派遣先と直契約してもいいのでしょうか?  | トップページ | 中高年にHIV患者が増加 »

2013年10月10日 (木)

「わからない」と正直に言える面接がお互いによい結果を生むことが証明された

面接の場では「わからない」と言える雰囲気づくりがよい結果を生むという調査結果


> 結果、面接の席においては参加者に
> 「わかりません」と言える雰囲気を作って
> 正直に回答させたほうが、
> 回答の精度とレスポンスが
> 向上することがあきらかにされました。

> 「わからない」と答えることは
> 自分の無知だと言ってしまう不安になるものですが、
> 正直に回答することがよい結果につながるといえそうです。
> そして、面接を実施する側もこの傾向を考慮すると、
> 同様によい結果を得ることができるといえるでしょう。


圧迫面接(笑)
サイレント面接(笑)

« Q. 17時以降の業務は派遣先と直契約してもいいのでしょうか?  | トップページ | 中高年にHIV患者が増加 »

WORK」カテゴリの記事

BlogParts動作厨

  • blogram投票ボタン

無料ブログはココログ