« 地球上でもっとも危険な生物「キロネックス」とは | トップページ | 陰嚢や陰茎に寄生する「バンクロフト糸状虫」とは »

2013年9月 6日 (金)

巻貝の毒は鎮痛剤になる

「巻貝の毒はモルヒネの1000倍効果がある鎮痛剤になるらしい」海外の反応
> 今日学んだ事
> カタツムリの毒を使えばモルヒネの1000倍効果がある鎮痛剤を作れる。
> そしてその鎮痛剤は非中毒性


> <イモガイ>
> ヤキイモ C. magusの毒には、
> モルヒネの1,000倍強力な鎮痛作用を示す成分が含まれている。
> この成分に由来した初のイモガイ毒由来の鎮痛剤ジコノタイド(Ziconotide)は、
> 2004年12月にアメリカ合衆国の連邦食品医薬品局(FDA)により
> 医薬品として承認されており、その劇的な鎮痛効果から、
> 将来的にはモルヒネに取って代わることが期待されている。

(´・ω・)そっかー

今日学んだこと
非中毒性というのは
中毒になることが出来ないという意味ではなく
タバコのように中毒になったりはしないって言う意味だしい

« 地球上でもっとも危険な生物「キロネックス」とは | トップページ | 陰嚢や陰茎に寄生する「バンクロフト糸状虫」とは »

自然界」カテゴリの記事

BlogParts動作厨

  • blogram投票ボタン

無料ブログはココログ