« 巻貝の毒は鎮痛剤になる | トップページ | ミドリガメの飼育が違法になるかもしれない »

2013年9月 6日 (金)

陰嚢や陰茎に寄生する「バンクロフト糸状虫」とは

こんなに怖い寄生虫
フィラリア症
目黒寄生虫館(2)
陰嚢(おいなりさん)が100kgにもなるという奇病とはなに?
> バンクロフト糸状虫は、
> 蚊にさされることによってうつる寄生虫です。
> 症状が全くないことも少なくないのですが、
> 重症化することもあります。

> この寄生虫はリンパ管、腕や足などに寄生しますが、
> 陰嚢や陰茎に寄生することもあります。
> 陰嚢に寄生すると陰嚢が巨大化し、
> 重症の場合には陰嚢が大きくなりすぎて
> 歩くのが困難になります。

> 江戸時代に陰嚢が巨大化した芸人が複数存在したことが
> 文献(「想山著聞奇集」「東海道中膝栗毛」「北斎漫画」)に
> 記載されています
> (大きいもので五斗=90リットルくらいあったようです)が、
> これらの芸人はバンクロフト糸状虫に
> 感染したものだろうと言われています。

寄生虫に感染された蚊からとか何それ怖い
しかも睾丸が人の顔一個分になるとか嫌だなぁ…… 

« 巻貝の毒は鎮痛剤になる | トップページ | ミドリガメの飼育が違法になるかもしれない »

自然界」カテゴリの記事

BlogParts動作厨

  • blogram投票ボタン

無料ブログはココログ