« 学習障害の一種の「ディスクレシア」とは | トップページ | インド式計算法 »

2013年8月 7日 (水)

珈琲の種類の違いが簡単に理解できる

「コーヒーの種類の違いを簡単に理解できるスレ」海外の反応
ウィンナ・コーヒー Wikipedia
> ■ エスプレッソ
> 深煎りの微細に挽いたコーヒー豆をカップ型の金属フィルターに詰めて、
> 9気圧の圧力と約90℃の湯温で20から25秒の抽出時間で
> 約1オンス(30ml)のコーヒーを抽出したもの。


> ■ カフェ・マキアート
> カフェ・マキアートとは1ショットのエスプレッソに
> 少量のフォームドミルク(蒸気などで泡立てた牛乳)を注いだものである。

> 本来はエスプレッソにスプーン1杯程度のミルクを落としたものであるが、
> カフェによってはエスプレッソとミルクを1:1の割合で加えたりとばらつきがある。


> ■ ラテ
> カフェ・ラッテ(Caffe Latte)は、コーヒーと牛乳、
> 特にエスプレッソと牛乳を混ぜたイタリア発祥の飲み物である。
> アメリカでは、エスプレッソとスチームミルクを用いるのが一般。

> スターバックス等のアメリカ式のコーヒー店で供されるものは後者


> ■ フラットホワイト
> フラットホワイトはオーストラリアやニュージーランドで
> ポピュラーなエスプレッソベースのコーヒーである。

> エスプレッソにきめ細やかに泡立てたスチームミルクを注ぎ、
> エスプレッソとミルクがよく混ざり合った飲みやすいコーヒーである。

> しかしカフェラテやカプチーノと比べると
> フォームの量が少なくエスプレッソ版のカフェオレとも言える。
> 表面


> ■ カプチーノ
> カプチーノは、イタリアで好まれているコーヒーの飲み方の1つで、
> 陶器のコーヒーカップに注いだエスプレッソに、
> クリーム状に泡立てた牛乳を加えたものをいう。

> 好みによってチョコレートパウダーで風味付けすることもある。


> ■ カフェモカ
> カフェモカとは、エスプレッソコーヒー、
> チョコレートシロップ、スチームミルクを混ぜた飲料。

> チョコレートとミルクの代わりに
> ココアを使うこともある(原材料としてはほとんど同じである)。


> ■ ドッピオ
> コーヒー豆を7g使用したものをエスプレッソと言い、14g使用したものは
> ドッピオ(doppio、ダブルの意味。double espresso)と呼ばれる。


> ■ ロングブラック
> アメリカーノとは、エスプレッソ・コーヒーに
> お湯を注いで作るスタイルのコーヒーのことである。

> この種のコーヒーは、オーストラリアにおいて
> 「ロング・ブラック・コーヒー」として知られている。

※ ただし、イギリス国外の場合
あれ? ウィンナーコーヒーがないぞ
ウィンナーが入ったコーヒーだお( ^ω^)

« 学習障害の一種の「ディスクレシア」とは | トップページ | インド式計算法 »

今日学んだこと」カテゴリの記事

BlogParts動作厨

  • blogram投票ボタン

無料ブログはココログ