« マインドコントロールの対抗手段と回避方法 | トップページ | ビジネス敬語 »

2013年8月 3日 (土)

アメリカ「日本よ これが混合診療だ」

「アメリカで保険未加入なのに交通事故を起こすとこういうことになる」海外の反応
「アメリカでは45分間の治療で請求額が1300万円を超える」海外の反応
> 従兄弟が先月モーターバイクで事故を起こした。
> 保険に未加入で四日間病院に入院した結果、病院からの請求額がこうなった。
> ※請求額は12万5991ドル11セント(およそ1,000万円)です。



> アメリカ合衆国では外来患者治療を45分間することで除細動器バッテリーを交換することが出来る。

> ■ 詳細
> 詳細 : 請求額
> 医療・外科用品 : 63,371.71ドル
> 臨床検査サービス : 651.39ドル
> 小手術 : 67,950.40ドル
> 麻酔サービス : 1,343.40ドル
> 血液、血液製剤 : 105.09ドル
> 調剤サービス : 342.16ドル
> 強心サービス : 1,243.43ドル
> 合計 : 135,007.58ドル (※ 請求額は約1,340万円です。)

> ■ 除細動器
> 除細動器(じょさいどうき、英Defibrillator)とは、
> 心室細動(VF)や心室頻拍(VT)等の不整脈に対し、
> 電気的な刺激を与えることで「除細動(Defibrillation)」や
> 「同期性通電(Cardioversion)」を行う医療機器のこと。

これはいかんでしょ
最初のは違うけど…… 
混合診療になると保険適用外で高額になるので
家でも売却しないと診療が出来ないのはガチな話です
良い面もあれば悪い面もあるのは当たり前です


関連記事
混合診療の本当の怖さを僕たちはまだ知らない

« マインドコントロールの対抗手段と回避方法 | トップページ | ビジネス敬語 »

健康・病・食と心・脳・体」カテゴリの記事

BlogParts動作厨

  • blogram投票ボタン

無料ブログはココログ