« Q. 高卒認定を取得したら、最終学歴は「高卒」になりますか?  | トップページ | アインシュタインはパートタイマーだった! »

2013年7月16日 (火)

大人のための健康診断イロイロ

TEPORE<テポーレ>
TEPORE|トクトク便り バッグナンバー
本文が長文ゆえに
続きから御覧下さいませ

● 定期的な健康診断の「目安」とは? 

「どんなタイプの健康診断を受ければいいか分からない」
「人間ドックならば網羅できそうだけど、高いし時間もかかるし…」と
悩んでいる方もいるのではないでしょうか。
そんな場合は、「40歳を過ぎたら年に1度は内視鏡検診」を一つの目安にしましょう。
一般的に、40歳を過ぎた頃から胃の病気が増えてくるといわれ、
レントゲン検査(X線撮影)では分からない小さな病変も、
内視鏡ならば発見されやすいとされています。
内視鏡は年々細く小さくなっており、
検査の際に鎮静剤を使うケースも増えているので、
昔のように「内視鏡=つらい」というイメージも徐々に減りつつあります。

胃の検査以外には肺がん検診や大腸がん検診
(いずれも40歳以上・年1回が受診の目安)、
女性ならば乳がん検診(40歳以上の女性・2年に1回が受診の目安)、
子宮頸(けい)がん検診(20歳以上の女性・2年に1回が目安)などを
受診対象として考慮しておくと良いでしょう。

なお、自治体によっては、一定年齢以上の人に対し、
乳がん・子宮頸がん・大腸がん検診が無料で受けられるクーポンを配布していたり、
比較的安価に検診を受けられたりする場合があるとのこと。
TEPORE編集部の中にも自宅にクーポンが郵送されてきたスタッフがいました。
自治体によってクーポンなどの提供方法やサービス内容が異なる場合もあるので、
お住まいの市区町村に問い合わせて活用すると良いですね。


● 歯、目、ワンコイン――こんな検診もお試しを

近頃は、駅ナカやショッピングセンターなどに
「ワンコイン健診」が受けられる施設も登場しています。
TEPORE編集部で調べたところ、その検査項目は血糖値、
中性脂肪、肝機能、肺年齢など10種ほどで、1項目あたり約500円。
看護師のサポートのもと、自己採血を行って調べます。
結果はその場で伝えられるほか、
パソコンなどからいつでも確認できるので、
忙しい人にとっては便利ですね。

また、健康診断というと内臓ばかりに目が向きがちですが、
ほかの検査も大切です。
その一つが「歯」。
歯の定期検診では虫歯や歯周病はもちろん、
口腔(こうくう)がんなどの早期発見と将来的なリスク予想ができます。
特に歯周病は、糖尿病や動脈硬化などの
原因や症状悪化を引き起こすこともあるとか。
口の中の健康を保つことは、
カラダ全体の健康においても大切なことなのです。

もう一つが「目」。
普段コンタクトレンズを使用している人はもちろん、
そうでない人も、緑内障などの予防のため、定期的に検査しましょう。
検診は緑内障の発症が多く見られる40代からが目安といわれます。
一定の年齢以降の住民に眼科検診を案内している自治体もあり、
無料の場合もあるので、調べてみるとよいでしょう。
また、検診内容もさまざまで、例えば眼底検査ならば、
糖尿病や脳腫瘍など目以外の病気が発見されるきっかけになる場合もあります。


● ユニークな検診や将来の病気のリスクが分かる検診も

このほか、ユニークなアイデアを検診に生かしたものもあります。
例えば、旅行と医療をセットにした「医療ツーリズム」。
もともとは海外の富裕層向けに、
「日本の豊かな観光資源と高い医療技術を知ってもらおう」と推進されていたプランですが、
最近では「旅先で人間ドックを受ける」ことを目的とした国内向けプランも登場。
高齢者を中心に人気を集めています。

一方で、「自宅で自分で簡単に」をコンセプトとした「血液検査キット」も話題。
血液検査キットは、がん、生活習慣病(糖尿病やメタボリックシンドロームなど)、
感染症(HIVや肺炎など)など検査項目ごとに発売されており、1項目あたり1万円ほど。
付属の採血用器具で指から血液を吸い取り、ボトルに入れて返送すると、
後日、メールや書面、インターネットなどで検査結果を知ることができます。

さらに、現在のカラダの状態だけでなく、
今後の病気のリスクを知る方法があることをご存じですか? 
その方法とは、「遺伝子検査」。遺伝子を調べれば、
自分の生まれながらの体質や、
将来どんな病気を発症しやすいかなどが分かるのです。
具体的には、脳梗塞や心筋梗塞、
2型糖尿病などの生活習慣病、痛風、リウマチ、鼻炎アレルギーなど。
それに加え、免疫力や記憶力、アルコール耐性、運動能力なども分かります。
ちなみに遺伝子検査の検査キットも発売されています。
検査方法は血液検査キットよりも簡単で、自宅で唾液を採って返送するだけです。
価格は約3万円と高めですが、遺伝子は生涯において変化することがないといわれ、
検査は一生に一度でOKだとか。
だとすれば、むしろ安いくらいかもしれません。

(´・ω・`)そっかー

« Q. 高卒認定を取得したら、最終学歴は「高卒」になりますか?  | トップページ | アインシュタインはパートタイマーだった! »

健康・病・食と心・脳・体」カテゴリの記事

BlogParts動作厨

  • blogram投票ボタン

無料ブログはココログ