« 夏の疲労回復に最適な手作り「ハーブ酢」のレシピ | トップページ | 「炭酸飲料の泡噴射」を防ぐ裏ワザ »

2013年7月19日 (金)

肉食バエ「新世界ラセンウジバエ」とは

ペルーの肉食ハエの幼虫が観光客の頭部を食す(ビデオ)
【怖すぎ】絶滅したはずの肉食バエが復活!人間の頭部に幼虫を生みつけ内部から食い尽くす!
Cochliomyia hominivorax Wikipedia 英語版
不妊虫放飼法による北アフリカのラセンウジバエ根絶防除
ハエについて Yahoo!知恵袋
世界における不妊虫放飼法の普及
> Cochliomyia hominivorax(新世界ラセンウジバエ)
> 人類側は危惧したので過去(約160年前)に大規模な根絶作戦が行われた。

> ヒトヒフバエだと皮下組織を生かさず殺さず食べ、
> 真皮の組織が食われて蛆のいる容積だけの空洞になり、
> 特に細菌感染症を起こしたり、組織が腐ったりはしない。

> ラセンウジバエだと、生きた動物にしか寄生しないくせに、
> 限りなく死肉食の性質を引きずっており、
> 傷口に大きな卵塊を産みつけると、
> そこから孵った蛆が集団で傷に食い込む。
> この群れはアンモニア臭を放ちながら組織を腐らせつつ食い荒らし、
> しばしば宿主を死に至らしめる。

なにそれ怖い
再度不妊虫放飼を施して
今度こそ完全に根絶させるしかない、ない
160年前に絶滅って言うのはウソっぽいですね
実際は1991年10月まで北アフリカで
不妊虫放飼が行われていたみたいですし
絶滅宣言されたのは1991年だし
この記事を書いた人はろくに下調べせずに盛ったな
んで、絶滅させたと言うのは人類側の驕りですわな

« 夏の疲労回復に最適な手作り「ハーブ酢」のレシピ | トップページ | 「炭酸飲料の泡噴射」を防ぐ裏ワザ »

自然界」カテゴリの記事

BlogParts動作厨

  • blogram投票ボタン

無料ブログはココログ