« Q. 自分のポジションの募集がかかり、いつ契約が終了になるか不安です。  | トップページ | Q. 「雇用保険被保険者証」とは何ですか?  »

2013年6月18日 (火)

いまさら聞けないUVケアの基本

TEPORE<テポーレ>
TEPORE|トクトク便り バッグナンバー
本文が長文ゆえに
続きから御覧下さいませ

● PA値をチェックし肌の老化を招くUVAをバッチリ防ぐ!

肌に大きな影響を与える紫外線には、UVBとUVAの2種類があります。
UVBは主に夏に照射され、
日焼けの原因になるものの地上に届く量は微少で帽子や日傘で、
ある程度は防げるといわれます。
一方、UVAは地上に届く紫外線の約90%を占めており、
肌のより深く真皮まで届き、肌の老化にも影響を与えます。
これから紫外線が降り注ぐ季節。
日焼けや肌のトラブルを招くこの二つの紫外線をしっかり防ぎましょう。

UVケア商品のパッケージに「SPF」「PA+」のような記載があるのをご存じでしょうか? 
「SPF」はUVBの防御効果を数値化したものです。
「SPF50+」を上限とし、数値が高いものほど防御効果が高いとされています。
「PA」はUVA防止の効果を示しています。
UVケア商品の効果指標として、このUVAを防ぐ効果を示すPA基準が改定され、
防御効果が極めて高い「PA++++」という値が生まれました。
UVケア商品を選ぶ時は「SPF(最高値50+:数値が高いほどUVB防御効果大)」と
「PA(+~++++の4段階:「+」が多いほどUVA防御効果大)」をチェックしましょう。

TEPORE編集部で調べた生活シーンごとの防御効果の目安をまとめましたので、
UVケア商品購入時の参考にしてください。

SPF10前後/PA+程度:散歩、洗濯物干し、
通勤通学などの日常生活向けSPF10~30/PA++以上:
 屋外での軽いスポーツやレジャーなどの活動向け
SPF30~50/PA++~+++:マリンスポーツや炎天下でのレジャーなどの活動向け
SPF50+/PA++++:長時間太陽を浴びる活動、紫外線に特別敏感な人向け

海やプールなどの水中では暑さを感じにくいですが、紫外線は水も透過します。
涼しいイメージの山や高原も標高が上がると紫外線量がアップ。
場所によってUVケア商品の使い分けを意識したほうがよいですね♪


● 2~3時間ごとに塗り直し、首の後ろは特に注意

SPF50+やPA++++といった紫外線を防御する数値が高い商品を使っているから
安心というわけではなく、その使い方にもポイントがあります。
まず注意する点として、肌への刺激。
数値が高い商品は、肌が弱い人には刺激が強い場合もあるので、
使用前にパッチテストをするといいでしょう。
その際は、万が一炎症が起きても目立ちにくい腕の内側などに塗るのがオススメ。
塗った後2日ほど様子を見て、赤くなったりかゆくなったりしなければ問題ないでしょう。
また、UVケア商品に記載されている紫外線を防御する数値は
大体1平方センチメートルあたり2mgずつ塗った場合の値。
実際はもっと薄く塗るのが普通ですから、
太陽の光に当たる間は2~3時間おきにこまめに塗り直すことも必要です。

塗る時は、鼻や頬など高くなっている部分を薄く重ねるように。
また、塗りモレにも注意。
首やデコルテ(胸元)、腕や足など、肌が露出している部分は
すべて塗るようにしましょう。
首の後ろ・耳・足の甲などは塗るのを忘れがちな部分。
特に耳の後ろは、髪をまとめた時や男性の方も注意を! 
日焼けしやすく日焼けが目立つ部分でありながら、
自分では気が付きにくいので注意しましょう。

1日の終わりには、UVケア商品を塗った部分をよく洗いましょう。
ウォータープルーフ(耐水性)のものは
ボディーシャンプーでは完全に落とせない場合があるので、
専用のクレンジングを使うといいでしょう。


● UVケア商品+紫外線を避ける工夫を

UVケア商品の使用と併せて、
「つばの広い帽子をかぶる」「日傘をさす」「サングラスを掛ける」など
太陽になるべく当たらない工夫も大切です。

特にサングラスは、目を守るのにとても有効。
目に強い紫外線を浴びると充血が起こり、
ひどい場合は角膜炎を起こす可能性もあります。
また、太陽の光をまともに受けると、まぶしさから顔をしかめてしまいがち。
眉間のシワが深い眉間ジワになる前にサングラスをかけて防止しましょう。
そもそも目の周りは皮膚が薄く敏感なため、
UVケア商品を何度も塗ることは避けることをオススメします。
目や目の周り全体を守るために、顔とレンズの隙間がなく、
目の周りをなるべく広範囲に覆うようなサングラスを選ぶとよいですよ♪

最近は、コンパクトに折りたためる帽子や
晴雨兼用の日傘など機能面もさることながら、
見た目もおしゃれなUVケアアイテムが増えました。
TEPORE編集部のおすすめは、
「UVカット機能付きの扇子」「髪にも使えるスプレータイプの日焼け止め」。
ドラッグストアなど店によってはUVケア商品のコーナーも拡張されている時期。
実際に商品を手に取って、
パッケージを見比べて選んでみてはいかがでしょうか。

(´・ω・`)らんらんは豚だから難しいことはわからないよ

« Q. 自分のポジションの募集がかかり、いつ契約が終了になるか不安です。  | トップページ | Q. 「雇用保険被保険者証」とは何ですか?  »

健康・病・食と心・脳・体」カテゴリの記事

BlogParts動作厨

  • blogram投票ボタン

無料ブログはココログ