« 案外知られてない犯罪 | トップページ | 「LED電球」事始め »

2013年4月 9日 (火)

蜘蛛の糸は米青子だった

『スパイダーマン』の手首から出るクモ糸には...聞きたくないネバっとした真実があった!?
『ムシブギョー』1話が夕方アニメとは思えないエロさ
『スパイダーマン』が糸を射出する才能というのは、
皆さんが思っているようなモノではないんですよ。
確かにオスのクモは、身体の前面に特別な付属器を持ちあわせていたります。
それらは割りと判りやすい「ボクシング・グローブ」のようなモノで、
実際オスの体重の20%を占める重さなんです。

しかしながら、それらの器官はシルクや糸を出す場所ではなく、
「脚鬢」という、背即動物の感覚器官であり、それらが出来るコトはただひとつ...

「生殖活動」なんです。

ピーター・パーカーが手首から放出している、あの白くてネバっこくて、
糸引いた感じのアレは...? (クモのパーツ的に)まぁ、そういうコトですね。

今日学んだこと
蜘蛛の糸はピーだった
ムシブギョーの反応のピーピーは強ち間違ってない

« 案外知られてない犯罪 | トップページ | 「LED電球」事始め »

自然界」カテゴリの記事

BlogParts動作厨

  • blogram投票ボタン

無料ブログはココログ