« 蝶・簡単でヘルシーなクッキーレシピ | トップページ | 精神疾患を理解し、病気に向き合うために »

2013年3月13日 (水)

“脂肪分カット”のピーナッツバターを買ってはいけない

「脂肪分カット」のピーナッツバターを買ってはいけない理由
 ピーナッツバターには脂肪分が多く高カロリーという「残念」な面もあります。
 そこで賢いマーケターが脂肪分をカットすればよいと思いつきました。
 しかしそのアイデアには体によくないものでした。

 “脂肪分をカットしたピーナッツバターは、
 普通のピーナッツバターよりもカロリーが低いわけではありません”。
 なぜかというと、カットしたために失われた、
 ピーナッツバターのクリーミーな質感を保つために、
 代わりの材料が必要になったからです。
 コーンスターチと砂糖を使っています。

 その結果、“カロリーがほとんど変わらないばかりか、
 健康にいい栄養分が損なわれてしまいました。
 心疾患に良いといわれている単不飽和脂肪酸が減り、
 血糖値を上げる精製された炭水化物と砂糖が増えています”。
 これは破綻した試みです。
 このような商品はあってはなりません。

日本の場合は、安物は全て水あめですからね

« 蝶・簡単でヘルシーなクッキーレシピ | トップページ | 精神疾患を理解し、病気に向き合うために »

健康・病・食と心・脳・体」カテゴリの記事

BlogParts動作厨

  • blogram投票ボタン

無料ブログはココログ