« どんな人とでも仲良くなれる心理術「ミラーリング」 | トップページ | 「々」の読み方 »

2013年3月28日 (木)

緊張をパワーに変える3つの思考

「緊張」を前向きなパワーに変えるための3つの思考法
ステップ1:自らアクションを起こして緊張をつくる
ステップ2:緊張していることにOKをあげる
ステップ3:緊張していても「できた」という経験値をためる

緊張をパワーに変える「緊張ノート」のススメ

01. 毎日、緊張した出来事を書き出します。
02. その出来事を分析して、緊張度合いを1~10段階に分けます。
03. さらに、緊張した自分に対して、「自己肯定感を持てたか」をチェックします。
04. なるべく高い緊張を味わうように心がけて1カ月間、生活します。

※ 「緊張ノート」の書き方例 ※

3月28日
・ 上司に新しい企画の提案をした。緊張度5/肯定感×
・ いつもは断っているけど、同僚とカラオケ。恥ずかしいけど歌った。緊張度9/肯定感○

3月29日
・ 社長と一緒に企画の提案に行った。緊張度9/肯定感×
・ 気になっている女性を食事に誘った。緊張度4/肯定感○

ざっくりと紹介しました

« どんな人とでも仲良くなれる心理術「ミラーリング」 | トップページ | 「々」の読み方 »

雑記」カテゴリの記事