« 今週の病気辞典 | トップページ | 新生活はスマートな引越しで始めよう! »

2013年2月 3日 (日)

意外と知らない危険な食べ合わせ

絶対にやってはいけない食べ合わせ(`・ω・´)9m
“本当はやってはいけない食べ合わせ”に心当たりが多すぎるwww 「紅茶にレモンはNG」「さんまと漬け物は発がん性物質を生成」
【1】 ラーメン+ライス
いずれも炭水化物で、
炭水化物をエネルギーに変換するのに
必要なビタミンB1が相対的に不足する。
そのため炭水化物がそのまま脂質に変換されて
脂肪細胞に蓄積されるので肥満の原因に。
ライスとともにラーメンのスープを飲み干すと、
塩分過多なので要注意。

【2】 ビール+フライドポテト
アルコールが肝臓で分解される時に、
肝臓内では脂肪の合成を促進する酵素が発生する。
したがって、ビールに限らず、
お酒と一緒にフライドポテトや鶏の唐揚げなど
高脂肪の食品を食べてしまうと、
脂肪の合成は加速することになる。

【3】 紅茶+レモン
レモンティーにも注意点が。
輸入レモンには防カビ剤「OPP」が付着しているケースがあり、
このOPPが紅茶に含まれるカフェインと組み合わされると、
発がん性物質を生じる可能性がある。
国産レモンではOPPはほとんど使われていないので心配はいらない。

【4】シラス+大根
シラスおろしといえば居酒屋の定番メニュー。
シラスなど魚類全般には必須アミノ酸のリジンが含まれ、
体の成長促進や修復を担う役割を果たしている。
大根にはリジンインヒビターという抗体が含まれ、
リジンの吸収を妨げてしまう。
ただし魚を加熱すれば問題ない。

【5】 納豆+キムチ
健康効果がないので
納豆に熱を通すと栄養素が抜け出すので
レンチンは、禁物です。
納豆汁は、汁まで飲めば問題ありません
納豆臭くなる上に電子レンジが細菌の魔窟になります。
絶対にやめましょう

« 今週の病気辞典 | トップページ | 新生活はスマートな引越しで始めよう! »

健康・病・食と心・脳・体」カテゴリの記事

BlogParts動作厨

  • blogram投票ボタン

無料ブログはココログ