« サウナに入れば暑さに負けない身体が出来る! | トップページ | 原付で日本一周の旅じゃあ! »

2011年6月15日 (水)

行動面接と言うのを御存知ですか?

ソース元:ライフハッカー[日本版]
続きから御覧下さいませ

行動面接を知っていますか?

■ 具体的な質問一例 ■

それでは、行動面接ではどのようなことを聞かれるか、
いくつか例を挙げてみましょう。

・「この職種では瞬時に的確な判断を下す力が必要なのですが、
 あなたが今までにプレッシャーの中で短期間で決断したケースを教えてください。」

・「優先順位が変わったときにあなたがとる方法を教えてください。
 過去にどんなことがありましたか?」

・「今まで、あなたのアイディアが形になったことはありますか?
 実行に移したとき、あなたは、どんな役割を果たしましたか?」

・「これまでで、一番リスキーな選択をしたときのことを教えてください。」

・「今まで、あなたが設定したゴールについて教えてください。
 それはどんなものでしたか?
 どうやってゴールにたどりつきましたか?」

・「情報を整理して、提案をしたことはありますか?
 提案までのプロセスを教えてください。」

・「難しい状況下で、誰かと信頼関係を築いたことがありますか?」

・「つきあいにくい人と、一緒に仕事をしたことがありますか?」

・「今までで一番クリエイティブな仕事をした、
 と感じる経験について話してください。」

・「仕事場で、不誠実な同僚、上司、取引先に出会ってしまったときのことを教えてください。
 あなたはどう対処しましたか?」

・「難しい交渉を成し遂げたことはありますか?」

・「今までで一番うまく行ったと思う、プレゼンについて話してください。
 どんなトピックでしたか? どのように準備しましたか?」

・「部下をどのように指導してきましたか?」

・「言いにくいことを言わなければいけない状況で、あなたはどう対処しましたか?」

もっと例を見たい人は、こちら(英語)を参考にしてください。

■ 特徴に気付きましたか? ■

上の例を見て、行動面接がどんなものか、わかってきたのではないでしょうか。
特徴は、あなた自身が過去にとった行動についての質問だということです。
とはいっても、質問された事例についての経験がない時もありますよね。
元記事のコメント欄には、「そんな経験はありませんと答えたら、
もうチャンスはなし
、と厳しい一言もありました。
なんとか近い経験を探さないといけないのかもしれませんね。

■ 行動面接の構造は「STAR」 ■

1. The 「S」ituation or 「T」ask you were in
 (あなたが経験した状況やタスク)

2. 「A」ction that you took
 (あなたがそのときとった行動)

3.「R」esult of that action
 (そして生まれた結果)

質問が「~したことありますか?」だけの場合の答えは、
「ハイ」で終わりではありません。
必ずフォローアップの質問として、それが具体的にどんな状況で、
あなたがどんな行動をし、そこにどんな結果がついてきたのかを、掘り下げてください


■ 質問の答えは一つではありません ■

大切なことは、行動面接での質問に、
たった一つの正しい答えなんてないということです。
質問に真摯に答えようとする、
あなたの姿が面接官にいい印象を与えるのです。
いい答えが見つからないと思ったときに、
過去の自分をでっち上げないようにしましょう
うそはすぐにばれてしまいます。
その場でばれなくても、
その会社に入ってから困ったことになるかもしれませんよ。

■ あなたの生きてきたことのすべてが答えです ■

まだ若いから、質問されるような経験なんてしていない、
と思う人は、会社以外の、例えば学校での経験について考えてみるといいかもしれません。
どんな人でも、それまで生きてきたことのすべてを、
行動面接での答えにすることができるはず
です。



この記事だけで判断すると
日本でも既に行動面接が導入されてる様だね
思い当たる節が幾つかあるのではないでしょうか?

« サウナに入れば暑さに負けない身体が出来る! | トップページ | 原付で日本一周の旅じゃあ! »

WORK」カテゴリの記事

BlogParts動作厨

  • blogram投票ボタン

無料ブログはココログ