« 就職面接の成功につながる7つのコツ | トップページ | 「面接時間より早すぎる到着」は…… »

2009年7月14日 (火)

好印象を与えながら情報も得られる、就職面接で聞くべき7つの質問

ソース元:ライフハッカー[日本版]
続きから御覧下さいませ

その1. 「日常業務は具体的にどのようなものですか?」
この質問は自分の役割とタスクを正しく理解するうえで不可欠。
仕事に対する自分の期待値や誤った印象を修正するためにもこの質問は有効。

その2. 「研修やキャリア開発の機会として、どのようなものがありますか?」
この質問には2つの意味合いがある。
まずは、応募している仕事が具体的にどのようなものでどんなスキルを身につけることになるのかを知ることができる。
また、自分の積極的な姿勢や先見性をアピールできる。

その3. 「御社が直面されている大きな課題は何ですか?」
この種の質問は、その内容よりも面接戦略上の意義がある。
応募企業にどれだけ関心を持っているかを示すことができるのだ。

その4. 「いつ御社に入社されたのですか?」
面接官からの質問が一通り終わったら、面接官にこう質問してみよう。
面接官自身がその会社でどのように過ごし、
どのような成長を遂げてきたのかについて語ってくれるかもしれない。

その5. 「この職種に期待する条件は何ですか?」
求人募集に応募条件が書かれていることもあるが、直接面接官に聞いてみるとよい。
彼らが何を求めているのか?
どのような基準で採用者を決めようとしているのか?
をより具体的に知ることができる。

その6. 「この職種に対する要件から見て、私はどんな感じですか?」
質問その5(「この職種に期待する条件は何ですか?」)に続けてサラリと聞いてみよう。
図々しいと思われるおそれもあるが、この質問を尋ねること自体、何ら問題はない。
「よさそうですよ」と言われたら、
「もし採用されないとしたら、その理由は何かありますか?」とさらに会話を続けてみよう。
また、「必要なスキルが足りなさそう」と言われたら、
関連しそうな経験を述べたり、
代わりになりそうな自分の強みについてアピールしよう。

その7. 「自分がどのように御社にお役に立てるか、少しお話してもいいですか?」
面接の最後にこう切り出し、面接での一連の会話の内容を踏まえ、
なぜ自分が採用に値するのか?自分の長所がその会社にどのように役立つのか?について述べよう。
簡潔に明確な表現で伝えることがコツ。

« 就職面接の成功につながる7つのコツ | トップページ | 「面接時間より早すぎる到着」は…… »

WORK」カテゴリの記事

BlogParts動作厨

  • blogram投票ボタン

無料ブログはココログ