« 睡眠中にやってはいけない3つの姿勢とは | トップページ | 好印象を与えながら情報も得られる、就職面接で聞くべき7つの質問 »

2009年7月14日 (火)

就職面接の成功につながる7つのコツ

ソース元:ライフハッカー[日本版]
続きから御覧下さいませ

1. 服装はビジネス仕様で
就職面接にはスーツが基本。
男性はネクタイを忘れずに。

2. 話しすぎにご用心
限られた時間ならなおさら、これまでの人生を延々と語られると面接官はウンザリするもの。
ポイントをおさえて簡潔に述べよう

3. 「聞く」を心がけよう
『「聞く営業」でNO.1になる技術』でも紹介されているとおり、
売れる営業マンは聞き上手でもあるという。
就職面接は自分自身を売り込む場。面接官の問いかけをよく聞き、意図を汲み取ることが大事。

4. 質問しよう
面接官の質問の意図や意味がよく理解できないときは、
わからないまま答えるよりも、その意図をさりげなく聞いてみるほうがよい

5. 関心をしめそう
会話のやりとりで反応が薄いと、他人に関心がない人だと評価され、
社内外でのコミュニケーションに問題が生じるおそれありと判断される可能性がある。
オーバーなリアクションをする必要はないが、自分の関心をきちんと示すことは大切

6. 情報収集は念入りにしよう
ウェブサイトや業界紙などに目を通し、
応募先企業や上司になりそうな人、面接官などについて事前に情報収集をしておこう。

7. 聞き手の立場にたって答えよう
面接官の立場にたって「自分が聞き手だったらどう答えさせたいだろうか?」を考えながら話そう。
次の質問をただ待つのではなく、それを予想して先んじて話すこともよい。
礼儀正しい言動であれば、受身の姿勢よりも主体性や積極性を示したほうが好意的に評価されるだろう。

« 睡眠中にやってはいけない3つの姿勢とは | トップページ | 好印象を与えながら情報も得られる、就職面接で聞くべき7つの質問 »

WORK」カテゴリの記事

BlogParts動作厨

  • blogram投票ボタン

無料ブログはココログ