« Animation | トップページ | 起承転結 »

2009年6月23日 (火)

就職面接でよくある10の質問

ソース元:ライフハッカー[日本版]
続きから御覧下さい

ご自身についてお聞かせください
企業側は、応募者がその企業に合う人材か?応募者が持つ経歴やスキルがうまく活かせそうか?をチェックしている。
すぐに答え始めるのではなく、
「具体的にどのような観点でお話すればいいいですか?」と答えるポイントを面接官に聞いてみるのもいい。

ご自身がわが社に相応しいと思われる理由は何ですか?
自分の経験がその会社でどう活かせるのか?を伝えよう。
意欲・スキルが会社の求めるレベルに合っていることを示すのがコツ。

欠点は何ですか?
「自分はカンペキです」「誰もが私のことを仕事熱心だといいます」なんていうのはかえって胡散臭い。
自分の欠点もきちんと話すことで、面接全体の信頼性を上げよう。

5年後、どうなっていたいですか?
企業側は、応募者が腰を落ち着けてその会社で仕事をしてくれそうか?をチェックしている。
その会社での5年後の自分の期待像を描き、その内容を話そう。

前職を辞められた理由は何ですか?
前職の上司や同僚についてネガティブなことを言わないほうがいい。
「自身のスキルをより活かせる場を求めて」など、ポジティブな理由を挙げよう。

人生の中でどのような問題に直面しましたか?それにどう対処しましたか?
エピソードを通じて自分に臨機応変さがあることをアピールするとよい。

上司や同僚とうまくいかなかった経験はありますか?
誰しも相性の良し悪しはあるものだが、どんな人ともうまくやっていける、
もしくはそのための努力をしていることをアピールしたほうがいい。

仕事のストレスはどうやって解消してますか?
企業側はストレスがあってもきちんと仕事をやり遂げる人材かどうかを確認している。
自分なりのストレスマネジメントの方法を考えておこう。

給料はいくらご希望ですか?
希望額をあからさまに伝えるのではなく、
応募職種での標準的な給与レンジを言うのが無難。
詳しくは、ライフハッカー過去記事「給料アップに効果的な交渉術」もご参照あれ。

何かご質問はありますか?
その会社について事前にきちんと調べているかをチェックしている。
くれぐれも会社研究は十分しておこう。

« Animation | トップページ | 起承転結 »

WORK」カテゴリの記事

BlogParts動作厨

  • blogram投票ボタン

無料ブログはココログ