« 精神年齢鑑定 | トップページ | 続・内定の為の »

2008年5月10日 (土)

内定の為の

一歩になると良いのだが……
とりあえず
過去の記事から
引っ張り出しました
面接に役に立つ
と思う物を載せました

基本1. -面接前日までの準備・面接対策-

履歴書を作成する際に
キャリアのたな卸しを行ったように、
面接においても事前準備が
非常に大きなウエイトを占めています。
時間をかけて、じっくり準備をしていきましょう。

面接対策1
より詳しい企業研究や、業界動向の情報収集を

応募する段階である程度は
調べていると思いますが、
改めて企業研究をしておきましょう。
会社のホームページ、プレスリリース、
雑誌やニュースサイトの記事を読み込み、
社長のプロフィール、沿革、
最近の動きくらいは
暗記できるくらいにしておきたいものです。
企業について勉強していることが伝わると、
採用担当者にも「入社したい」という意志が
より強く伝わり好印象につながります。
また、単にその企業の動きだけでなく、
業界全体のおおまかな動向についても
頭に入れておくと、
面接の際により深い話ができる可能性もあります。

面接対策2
よくある質問に対しての回答シミュレーションをしておこう

次に、面接での受け答えの
シミュレーションをしておきましょう。
まずは自分の送った履歴書の内容をよく読み返し、
書いた内容を徹底的に頭に叩き込みましょう。
そして、質問されそうな内容を自分なりにピックアップし、
それに対する回答を用意してみましょう。
その時重要なのは、
鏡の前でしっかり口に出してみること。
こうすることにより、
たとえその質問がされなかったとしても、
より深い自己分析につながるため、
他の質問にも落ち着いてスムーズに
答えられるようになるのです。
また、面接官に質問したいことを洗い出し、
リストにしてまとめておくのもいいでしょう。

面接対策3
面接先までの交通手段・所要時間も忘れずに調べておこう

忘れがちなことですが、
面接先企業までの
交通手段と所要時間もきちんと調べておき、
当日遅刻してしまうことのないようにしましょう。
余裕があれば一度所在地の確認に
行っておくと万全です。
また、面接の際に着用する
スーツのクリーニングなど、
身だしなみに関する
準備も怠らないようにしましょう。

基本2. -面接のマナー・身だしなみ-

どんなに素晴らしいスキルやキャリアがあっても、
相手を不快にさせる格好や
マナーでは全てが台無しです。
ここでは、
面接にふさわしい身だしなみについて解説します!

面接マナー・身だしなみ1
服装はスーツが基本。 “清潔感”を心がけて

まず服装ですが、転職・就職など、
社員としての採用面接を受ける際は
やはりスーツが基本です。
黒かネイビーのスーツに
白のシャツという「超定番」でなければ
ダメということもありませんが、
派手な色は避けましょう。
アルバイトの場合もあまりにも
ラフな服装は避け、
ジャケットスタイルなどで
臨んだほうが無難です。

面接マナー・身だしなみ2
髪についてはよりまちまち。極度に派手な髪型は避けたい

髪型についてですが、
派手な色や奇抜なスタイルでなければ
大きく選考に影響するということはありません。
女性はもちろん、
最近では男性の茶髪にも
抵抗が少なくなってきていますので、
客観的に見て清潔感を感じられるようでしたら、
そのまま出席されても問題ないでしょう。
もちろん茶髪などを一切認めていない
企業もあるかと思いますので、
念のため、求人広告や会社ホームページで、
先輩社員がどうしているかを
チェックしておくといいでしょう。

面接マナー・身だしなみ3
ナチュラルかつ表情が明るく見えるメイクで!

メイクは、
ナチュラルで清潔感のあるものがセオリー。
表情を明るくみせるためには、
ピンク系・レッド系の口紅やチークを
使用するのが効果的です。
言うまでもないことですが、
カラーコンタクト、
派手なネイルアートは
外して臨んだほうがいいでしょう。
メイクが与える印象については、
なかなか自分の目だけでは
判断ができないことが多いものです。
実際に就職活動を体験した先輩や、
身近な大人にアドバイスを
受けながら試してみてはいかがでしょうか。
デパートの化粧品売り場などで
相談してみるのもいいかもしれません。
なお最近では男性の間でも、
眉を整えたり、爪の手入れをするのが
一般に広がりつつあります。
やりすぎるのも考え物ですが、
チャレンジしてみてもいいかもしれません。

基本3. -面接当日の注意事項-

入念な準備を終えたら、
いよいよ面接当日です。
以下に、面接に臨む
際の4つのポイントを
まとめましたので、
ぜひ参考にしてください。

面接対策1
遅刻やドタキャンは厳禁! 5分前到着が原則です

面接の会場に到着するタイミングは、
5~10分前が原則です。
早すぎるのも担当者に迷惑をかけてしまう
おそれがありますので注意しましょう。
遅刻やドタキャンはもちろん厳禁ですが、
どうしても別の予定と重なってしまった場合は、
迅速に企業の担当者に
連絡をするようにしてください。
メールを送るのはもちろんですが、
面接日が近い場合は、
念のため電話でも伝えましょう。
その際は事情を丁寧に説明し、
次の面接日を設定していただくように
お願いしてください。

面接対策2
話す内容だけでなく、ビジネスマナーも見られています

面接で話す内容も大事ですが、
ビジネスマナーや
態度が悪ければ意味がありません。
あいさつ、敬語の使い方、
正しい姿勢、入室前のノックなど、
基本マナーをクリアして
マイナスポイントを
作らないように心掛けましょう。

面接対策3
相手の視線をそらさず、ハキハキとした受け答えを

どんなに回答が立派でも、
視線をそらしたり、
うつむき加減だったりすると、
「自信がなさそう」「意欲がない」と
相手の目に映ります。
胸を張って相手の視線を
しっかり受け止め、
堂々と回答しましょう。
表情は硬くならず、
笑みがこぼれるくらいの方がベターです。
敬語をきちんと使い、
声高にならず落ち着いて話せるように
事前に練習しておきたいものです。

面接対策4
行き過ぎた誇張や嘘は禁物。肩の力を抜いて自然体で!

自分をよく見せたいという気持ちは
分かりますが、
人事担当者は数多くの面接を
こなしているため、
誇張表現や嘘があった場合、
意外とすんなり見抜いてしまうものです。
第一、実際に採用された後に困るのは
自分自身ですから、
等身大の自分で勝負するようにしましょう。
面接は、あなたと企業の相性を確かめる場。
尊大な態度で臨むのはもちろんNGですが、
かといって卑屈になりすぎるのも考え物です。
難しいかもしれませんが、
あまり堅苦しく考えすぎず、
適度に肩の力を抜いて
向き合ってみることをおすすめします。

壱.1つの問に対して10の回答する
弐.自分からPRをする(笑いを取りいれられたら尚良し)
参.解決策を取り入れて話す
肆.自分から進んで話をする
伍.自分で自分をフォローする
陸.何事も言い切る
七.手振り(ジェスチャー)を取り入れる
八.自分に自信を持つ
仇.熱意を伝える
拾.作品を愛し、自分を愛し、企業を愛す

面接10の鉄則

面接五訓
面接前におさえておくべき五つの心得

壱.積極性を見せよ!
意欲を見せねば内定は勝ち取れない
弐.何事もポジティブに!
「過去よりも未来」の前向きな姿勢
参.誠実・素直な対応!
面接には等身大の自分で臨むべし
肆.落ち着きを忘れるな!
緊張して当然、冷静さを保つ工夫を
伍.自信を持て!
充分な準備が大きな自信を生む!

壱.積極性を見せよ!

前提として、まずは面接官に
熱意・やる気を最大限伝えることを心がけよう。
いかにスキルや経験が豊富な人でも、
元気や活気がない、
あるいはそもそも入社したいという意欲が
感じられないようでは門前払いとなってしまう恐れも。
面接は自分を売り込むPRの場であると考え、
やりたいこと、やらせてほしいことを
熱意とともに伝えよう。
また、積極性や意欲というのは
会話だけでなく表情や身振りにも出るもの。
明るい表情、ハキハキとした応対は
「何を語るか」以前に
最低限求められる要素であると心得よう。

弐.何事もポジティブに!

面接においてはネガティブな考えや姿勢は厳禁、
何事においてもポジティブな考えで
臨むべきものと考えよう。
転職すること自体には
不満など何らかネガティブな要素が
ついてまわることも多いが、
それを前向きにとらえ
今後どのように改善していきたいのか、
どう変えていきたいのかを考え、
「過去より未来」を基本的なスタンスとして持っておこう。
実際の面接においては、
意図的に苦しい突っ込みや
難しい条件を投げかけられる場面も多い。
もちろん安易に何でも安請け合いしたりするのは
論外だが、やはり基本的にはすべて前向きにとらえ、
臨むべきと心得よう。

参.誠実・素直な対応!

「もっとアピールしなくては」と
思うあまりに押し付けがましい自己主張になってしまったり、
あるいは本来の自分より大きく見せようと
背伸びや「知ったかぶり」をしてみたり、
あげくの果てには
少々のウソをついてしまったり…というのは問題外。
相手は幾多の選考を行ってきた採用のプロ。
無理して着飾ったところで、
すぐ見抜かれてしまうもの。
万一にもそれで
面接を通過してしまうようなことがあっても、
入社後の自分を苦しめることにもなりかねない。
聞かれたことに対して一生懸命に考え、
自分の言葉で伝えようとする姿勢は見せつつ、
分からないこと、
答えられない問いかけに対しては素直にそれを伝えるべき。
面接には等身大の自分で臨むものと心得よう。

肆.落ち着きを忘れるな!

慣れない面接、面識のない面接官に
あれこれと突っ込まれ……
面接の場ではアガってしまったり
緊張してしまったりすることは仕方ないことで、
相手もそれは重々承知。
しかし緊張のあまり早口になってしまったり、
質問の意図とまったくズレた答えを
述べてしまったりするのはもったいない。
意識的に普段よりゆったりしたテンポで話してみたり、
無理に即答しようとせず、
質問されてから一度しっかりと考えてから
答えるよう心がけてみるなど、
冷静さを保つ工夫も有効。
ただし、「緊張」と準備不足による「動揺」は違う。
準備不足に突っ込まれて
アタフタ……というのは明らかなマイナス。
やはり充分な準備あってのものと心得よう。

伍.自信を持て!

面接に挑戦できるという時点で
書類選考(一定水準の資質チェック)を通過するなり、
「会ってみる価値がある」という判断を受けたということ。
誠実・謙虚な姿勢は必要だが、
妙に萎縮する必要もない。
熱意や意欲、あなた自身の価値を
しっかりと伝えれば必ずうまくいくはず。
充分な準備が自信を生み、
その自信が落ち着きや余裕を生み出すもの。
面接に向けて周到な準備を行い、
堂々と自信を持って臨もう。

コミュニケーション5つの掟
熱意だけでは乗り切れない。
覚えておきたいアピールのコツ

壱.論理性
「まず結論から」を意識したい
弐.具体性
「実例・実体験」が説得力を増加する
参.簡潔性
「欲張り・長すぎ」は逆効果
肆.一貫性
「核」のない主張は矛盾を生む
伍.柔軟性
「マニュアル頼み」は通用しない

壱.論理性

論理性はビジネスパーソンに求められる
大きな資質のひとつであり、
面接においてチェックされる大きなポイント。
論理的なコミュニケーションのためには
まず「端的に、結論から」述べることを意識したい。
「SDS法」や「PREP法」(※)といった手法も役に立つ。
はじめに結論を述べて
「今から何について説明するのか」の
前置きをしておくことで
面接官もアピール内容を理解しやすいもの。
「はい、そう思います。と言うのも…」
「○○と考えており、理由としては3つあります。
1つは……」などといった話し方であれば、
「イエスかノーか」
「話そうとする要素(考える理由)が
いくつあるのか」が事前に分かる。
面接官もその心づもりで
話を聞ければ理解が増すというもの。
熱意あふれるアピールは大事だが、
それが伝わらなければ意味がない。
説得力あるアピールのためには、
論理性が必要不可欠だ。
----------------------------------------------
(※)
SDS法/PREP法=
それぞれプレゼンテーションの手法。
具体的内容は以下の通り。
いずれも共通点は
「まず冒頭でこれから述べることを要約する」という点。

SDS法:
Summary(要約)
Details(詳細)
Summary(要約)
といった構成で話をまとめる手法。
まず要約を伝えたうえで詳細説明を行い、
最後にあらためて内容を要約してまとめる。

PREP法:
Point(要点)
Reason(理由)
Example(具体例)
Point(要約)
といった構成で話しをまとめる手法。
まず要点を述べたうえでその理由を説明し、
加えてその具体例を挙げる。
最後にあらためて内容を要約してまとめる。

弐.具体性

自分自身の描くイメージどおりに
相手もそれを解釈してくれるとは限らない。
アピールには、
具体的な表現・具体的エピソードを
用いることを意識したい。
例えば「コミュニケーション能力があります」と
ひとくちに言っても、
大きく分けて「伝える能力」なのか
「聞く能力」なのか、
何をもって「能力があります」と言っているのか
説明するには、
より具体的な内容や要素に
分解して述べる必要がある。
またその結果として得られるものも、
折衝や交渉、調整ごとをスムースに進められたり、
的確な議事進行ができたり、
あるいは場を和ませられたり……などさまざま。
いずれにしても
具体的でないアピールでは説得力も弱い。
あくまで「コミュニケーション能力があります」と
いうのは概論であり
まずそこから述べるのはよいのだが、
「具体的には……」
「結果として……」といった具体化は欠かせない。

参.簡潔性

ムダに長く、冗長な話は焦点が合わず
伝えたいことが伝わらないことが多いもの。
質問の返答やアピールは要点を抑えつつ
簡潔に行うよう意識したい。
熱意や緊張のあまり
話の中にあれもこれもと盛り込んでいるうち、
長くまとまりのない内容と
なってしまうことはありがちなケース。
何人もの志望者と
面接を繰り返している面接官が、
わざわざ長いエピソードを
記憶してくれているという
甘い期待はしないほうがよい。
むしろ欲張った結果
「コミュニケーション能力がない」と
判断されてしまっては本末転倒だ。
面接は「演説」の場ではない。
誰が、何を、どうやって……といった
「5W1H」など基本的な構成・手法を意識し、
端的に話そう。
面接官との「会話のキャッチボール」の中で、
必然的に伝えたい内容を
アピールする場は生まれてくる。

肆.一貫性

論理的・具体的、かつ簡潔に語っていても、
話の中で生じた矛盾が
一気にその説得力を打ち消してしまうことは多く、
それどころか「きれいごと」と捉えられてしまえば
大きなマイナスにもなりかねない。
アピール内容には一貫性を強く意識したい。
注意すべきは大きく2点ある。
1つはいくつかの質問に答えていくうちに
言っていることが食い違ってくる「会話の矛盾」、
もう1つはこれまで積んできたキャリアと
今回の転職理由や志望動機に連続性がない
「キャリアの矛盾」だ。
いずれの場合でも
まずは自分なりの「やりたいこと、実現したいこと」に、
動かぬ軸や核といったものを定めておくことが必要。
そういった事前の準備なく
「その場しのぎ」の受け答えをしていては、
面接官の突っ込みに
矛盾が生じてしまうのは必然といえる。

伍.柔軟性

面接とは、
面接官とコミュニケーションを取りながら、
その中で自分自身をアピールするための場。
その意味では、
予想外の質問に対しても、
その場その場で機転が利かせられる
柔軟性を意識したい。
転職マニュアル」で述べるのも妙な話ながら、
いわゆるマニュアル類を
丸暗記して面接に臨み、
問いかけられた質問に対して
「台本」を読み上げる……というのは
コミュニケーションでも何でもなく、演説や朗読だ。
台本にない質問を投げかけられ
答えに詰まってしまうのも当然で、
面接官に「にわか仕込み」は
簡単に見透かされてしまう。
マニュアルを読み、
模範解答を知っておくことも間違いではないが、
あくまでも
「面接官の視点・考えを知るため」と考えておくべき。
自分なりの解釈をし、
自分なりの軸や考えをしっかりと持っていて
こその柔軟性であり、
またそれがあっての「コミュニケーション」であると
心得ておくべき。


電通鬼十則

壱.仕事は自ら創るべきで、
与えられるべきではない。

弐.仕事とは、先手先手と働き掛けていくことで、
受け身でやるものではない。

参.大きな仕事と取組め!
小さな仕事は己を小さくする。

肆.難しい仕事を狙え!
そしてこれを成し遂げるところに進歩がある。

伍.取組んだら放すな!殺されても放すな!
目的を完遂するまでは……。

陸.周囲を引きずり回せ!
引きずるのと引きずられるのとでは、
永い間に天地の開きができる。

七.計画を持て!
長期の計画を持っていれば、
忍耐と工夫と、そして正しい努力と希望が生まれる。

八.自身を持て!
自信が無いから君の仕事には、
迫力も粘りも、そして厚みすらない。

仇.頭は常に全回転、八方に気を配って、
一部の隙もあってはならぬ!
サービスとはそのようなものだ。

拾.摩擦を恐れるな!
摩擦は進歩の母、積極の肥料だ。
でないと君は卑屈未練になる。

« 精神年齢鑑定 | トップページ | 続・内定の為の »

WORK」カテゴリの記事

BlogParts動作厨

  • blogram投票ボタン

無料ブログはココログ